自動車保険の選び方記事一覧

自動車保険の契約手続きは、書面もしくは代理店の用意している端末、インターネットの専用申し込みフォームから行うことができます。それぞれの手続き方法の流れはほぼ同じです。契約に当たり、引き落とし口座と届出印もしくはクレジットカードが必要になります。第一回目の保険料をその場で支払うことも可能です。手続き方法については損保代理店もしくはダイレクト型自動車保険の場合は、専用ホームページのお問い合わせ先に確認...

自動車保険の申し込み方法は簡単です。自動車保険は契約書もしくはインターネットの契約フォームに必要事項を記載して申し込むことで完了します。申し込みまでの流れを知っておくと、これから自動車保険を契約しようと考えている場合、役に立ちます。自動車保険の申し込みの前にしておくこととして、自動車保険の補償内容を確認したり、どの自動車保険にするか選んだりすることが必要です。個人で選ぶ場合はパンフレットを取り寄せ...

自動車保険に加入する場合、どのプランに加入すべきか迷ってしまうものです。保険代理店の担当者に言われるがままに加入してしまうと、担当者がおすすめのプランは、保険料が割高になり、保険代理店の収入が多くなるケースがみられます。もちろん良心的に適切なプランを提案してくれる代理店もありますが、代理店は商売ですからどうしても利益をある程度確保したいというのが本音です。ではおすすめの自動車保険の契約プランはどの...

自動車保険をわかりやすく選ぶ方法があります。自動車保険を選ぶのは難しいと思っている人も多いですが、いくつかのポイントを抑えてしまえば、自動車保険選びは難しくありません。補償内容はそれぞれの保険会社ごとに異なると思われがちですが、基本的な補償はどの保険会社もほぼ同じです。自動車保険は相手の人に対する補償、相手の物に対する補償、車に乗っている同乗者への補償、車自体の補償の4つの部分から基本的に成り立っ...

自動車保険をファイナンシャルプランナーや現役の保険代理店担当者が選ぶ場合、どのようなプランで契約するのか知りたいと思われるかもしれません。プロが選ぶ自動車保険を知っておけば、保険選びの際にも十分参考にすることができます。プロが選ぶ自動車保険選びは、保険会社選びから始まります。ダイレクト型にするか、代理店型にするか迷う人もいるかもしれませんが、ファイナンシャルプランナーの中にはダイレクト型を勧める人...

自動車保険にすぐに加入したいと思う場合、できるだけ早く保険契約が開始できる保険を選びたいと思うことでしょう。しかし実際に保険を申し込むまでには見積もりを取ったり、説明を聞いたりする必要があるため、時間がかかってしまうのが実情です。保険契約と引き受け開始のタイミングを知っておくと、すぐに保険に加入したい場合に何かと役に立ちます。自動車保険の場合、申込書に署名捺印を行ないそれが保険会社に届くと同時に、...

自動車保険を賢く契約するためには、自動車保険の割引制度や補償内容をよく検討する必要があります。よく尋ねられる事柄に車両保険を付帯すべきかという点があります。車両保険は事故で車を破損してしまった場合に補償が受けられる特約です。車両保険を付帯しなくても大丈夫な人とは、仮に車の修理が必要になったとしても、修理費を自分で賄える人を指します。預貯金や資産が十分にある場合には付帯しなくてもよいでしょう。しかし...

自動車保険選びでどの保険にすればよいか迷ってしまった場合に、それぞれの補償の違いや特徴について相談したいと思うことでしょう。しかしながら自動車保険についての相談はどこですればよいのか分からないという方もいます。損害保険会社では、自社が販売している自動車保険についての補償内容や商品特長についての相談を行なっていますが、他社の保険については説明することはできませんし、比較して長所や短所をお客様に伝える...

ソニー損保のテレビコマーシャルで一躍人気になったのが、走る分だけ保険料が変わる自動車保険です。リスク細分型自動車保険の一形態ですが、走行距離が少ない人ほど保険料がお得になるため、週末レジャー目的で使用する方などにとってはメリットの高い自動車保険と言えます。現在、ソニー損保のほかイーデザイン損保なども走る分だけ保険料が変わる自動車保険を販売しています。この保険のメリットデメリットを知っておけば、保険...

自動車を運転中にガードレールに車をぶつけてしまい、フロントが大きく破損してしまった場合や、相手との事故で車が大破し、修理費が高額になってしまった場合など、自分では費用を賄いきれないケースが生じることがあります。このような場合には自動車保険に車両保険を付帯することで補償を得ることができます。車両保険は加入している人の割合が50%を超えるなど、加入する人の人数が年々上昇傾向にあります。車両保険を付帯す...

人によっては自動車を通勤用とレジャー用に分けて2台所有している人もいます。また地方では車は無くてはならないものですから、家族がそれぞれ1台ずつ保有していることも珍しくありません。複数台自動車を保有する場合、できれば保険料を割安に済ませたいと思うものです。その場合に利用できるいくつかの方法がありますから、保険料を抑えるコツをつかんで、賢く自動車保険の契約をされることをおすすめいたします。2台目の自動...

自動車保険を販売している保険会社は少なくありません。その中でも保険料の安さが際だっているのは外資系の保険会社です。補償内容は一般的な自動車保険と変わらない物の、保険料が低く設定されています。保険のバリエーションも豊富にあり、保険料を安くしたい方には選択肢一つとなります。割安な保険料が外資系自動車保険最大のメリットです。外資系の保険会社が安い理由は、契約者と直接取引をして人件費やコストをカットしてい...

自動車保険の選び方は人それぞれですが、まず自分にあった補償内容を見極めることがポイントです。保険会社により異なるものの、一般的に補償が充実しているほど保険料が高くなる傾向にあります。保険料が高くなっている方の多くは、自分に全く必要のない無駄な補償を付加してしまっているケースが多いのです。補償が手厚いほど安心してくる間を運転できますが、実際に利用することがほとんどない補償もたくさんあります。自分には...

10代で自動車保険に加入する場合、大体が初めての自動車保険加入となります。その場合、一般的にノンフリート等級は6等級となります。そして、運転者が若い人の場合は年齢条件を全年齢補償にする必要があるので、保険料が高くなりがちです。自動車保険の保険料節約でポイントとなるのは、等級引き継ぎです。条件を満たせば、自動車保険の等級を家族から引き継げますので、家族の中に等級引き継ぎができる人がいないか、まず確認...

複数の自動車保険を比較することで、補償を充実させたり、保険料を節約できたりします。自動車保険選びは服を購入するのに似ています。服を購入する場合、自分のスタイルや好みに合った衣服を選択します。いくつもの店へ行き、気に入った服を購入するものです。自動車保険も同じです。いくつもの自動車保険を比較することで、自分の気に入った保険が選べます。インターネットを通じて自動車保険に関する情報が気軽に入手できるよう...

自動車保険は最近、リスク細分型といってそれぞれのユーザーにベストな保険となるようにオーダーメイドに近いシステムをとっています。そこで自動車保険に加入するにあたって、自分に合った保険とはどのようなものかということを理解する必要があります。まずは自分に合った保険とは何かを考えてみることです。例えば自動車保険会社で、自分にあった保険を選ぶのであれば、自分の愛車の用途を考えましょう。自家用車であれば、運転...

自動車保険の種類はたくさんありますし、保険内容によってかなり保険料も変わってきますので、どのくらいの保険にすればいいのかという選択はなかなか難しいところです。当然、保険内容が充実していて保険料が高いものほど、安心できますし、いざという時に大きな助けとなります。しかし、毎年の支払金額が大きくなってしまうと、加入者に大きな負担となってしまいます。逆に、できるだけ安い保険に入ろうとすると、支払いは楽なの...

通販型自動車保険で当たり前になったロードサービス。ロードサービスとはいわゆるレッカーサービスのことで、出先で車が故障してしまったり、ガス欠になったりした時にすぐに飛んできて、対処してくれるというものです。ロードサービスはテレビCMでよく見るように、担当員が飛んできて、その場で出来る修理はその場で行い、ガス欠にも対応をしてくれ、その場で修理が不可能な場合は別途レッカー車やキャリアカーなどを手配して、...

自動車保険を選ぶ時にとにかく保険料の安いところを探すという方がかなり多いのですが、自動車保険は損害保険ですので、有事の時に効力を存分に発揮してこそ損害保険です。ですので、保険料の安さだけでなく、補償能力や補償範囲もきちんと見極めてから決めていただきたいものです。

自動車保険に加入しろといわれても何がなんだかわからないという方も多いことでしょう。ほとんどの方は既に自動車保険に加入している親兄弟や友人などにきいて、どこの損害保険会社がいいのか、どういった商品がいいのか、何か別途使いするものはないのかなどを聞けばだいたいのことがわかりますのでいいでしょう。しかし周りに車を運転する人がいないとか、もっと詳しい部分を聞きたいのにそこまで理解している人間がいないといっ...

自動車保険には使用用途という条件があります。一般的に「業務」「通勤通学」「日常レジャー」といった3つのものが設定されているのですが、その使用用途によって保険料が変わってきます。

自動車保険は加入する人間と加入する自動車によって、交通事故を引き起こす可能性を割り出し、それによって保険料を決定します。事故を起こしやすい人間、過去に何度も交通事故を起こしている人間、スピードが出る自動車、無謀な運転をする方が好む自動車などに対しては高い保険料を設定し、逆に事故を起こしたことがない方、事故を起こしにくい年齢層の方、大衆車、ファミリーカーなどでは保険料を安く設定するわけです。この中で...

日本で一番多く走っている乗用車が5ナンバー車です。全長4.7m、全幅1.7m、全高2.0mを超えないサイズを持つボディに2リッター以下のエンジン排気量を持つ乗用車がこの5ナンバー車となり、軽自動車にも5ナンバーがあります。従来の日本では、道路の幅や住宅事情からこの5ナンバーモデルが自動車の基本形となっており、特殊な大型乗用モデルとして3ナンバーがあるといった環境になっていました。しかしここ最近では...

免許を取ったばかりという方や自分の車を始めて持ったという方は、自動車保険がいったいどういうものなのか、どの自動車保険を選んだらよいのかわからないのではないでしょうか。知り合いや外交員に勧められるままに自動車保険を契約するということもできますが、ある程度の費用がかかるものなので、できるなら自分で納得したうえで自動車保険を選びたいと思うでしょう。そんな方のために、自動車保険がどんなシステムなのかをご紹...

今多くの人から人気を集めているのが軽自動車です。以前は普通車に比べて軽自動車がかなり小さかったため、若いころは安めの軽自動車に乗り、お金をためて普通車を購入するという人も多くいました。しかし現在では軽自動車もかなり広くなり、軽自動車とは思えないほどになっています。年代を問わず多くの人から支持されている軽自動車の自動車保険の保険料はどのくらいなのでしょうか。軽自動車の自動車保険の保険料軽自動車の自動...

自動車保険の保険料は少しでも安くしたいというのが誰しもの願いです。ただし保険料が安くてもいざという時にしっかりと補償が受けられるようにしたいという願いもあります。そんな時に利用できるかもしれない方法が、自動車保険と生命保険をセットで考えるという方法です。自動車保険と生命保険をセットで考えるメリット自動車保険と生命保険のセットというのはいろいろなメリットがあります。もっとも大きいものは補償が厚いとい...

自動車保険に入ろうとするときに気になるのがどのくらいの保険料がかかるのかということでしょう。保険料はいろいろな要素に左右されます。運転者がゴールド免許かどうか、今まで事故を起こしたことはないか、契約車両は新しいか、契約車両の装備はどのようなものかなどによって保険料は大きく変わるのです。そして保険料に影響を与える別の指標が走行距離です。走行距離が多い車は保険料が高い走行距離が多いかどうかは保険料に直...

自動車保険に初めて入りたいという方は、どうやって入るのか知りたいと思うことでしょう。もし親が自動車保険に加入しているといった場合には親と同じ自動車保険会社に依頼すればよいだけですが、純粋に自分で新たに自動車保険に加入したいという場合にはどうしたら良いのでしょうか。自動車保険の入り方自動車保険への入り方は非常に簡単で、代理店もしくはインターネットで必要事項を記入して契約をするだけです。運転免許証と車...

自動車保険の保険料を安くする方法は多くあります。補償内容を少なくするなら保険料をぐっと安くすることが可能です。しかし補償は手厚いままで保険料を安くしたいという場合にはどうでしょうか。いろいろなケースがありますが、もし夫婦しか車を運転しないという場合には保険料を下げられる可能性があります。運転者を夫婦限定にする運転する人が夫婦しかいないというケースはいくつか考えられます。まずは子どもがいない夫婦が考...

自動車保険には二つの種類があります。自賠責保険と任意保険です。自賠責保険は強制保険なので車検を通っている車であればすべての車が加入しているものです。一方で任意の自動車保険はあくまで任意に加入するものです。実際に日本を走っている車の中で任意の自動車保険に加入しているものは75%程度で、25%程度は任意保険に加入していません。では本当に任意保険は必要なものなのでしょうか。万が一に備えるなら任意保険は絶...

自動車保険(任意保険)に加入する際、誰もが考えるのは「できるだけ安くてしかも安心できる」プランでしょう。しかし、複数の保険と特約のセットで、何が最適解なのかは、素人にはなかなか判断するのが難しいところです。今回はローコストでかつポイントを抑えたおすすめプランの組み方について説明します。

突発的に他人の車を運転するという機会は意外にあるものですが、やはり怖いのは、いくらその他人の車を運転するのが短時間であっても、その間に事故を起こしてしまう可能性はゼロではないということですね。そんなときに頼りになるのが24時間単位で加入することができる超短期型保険「一日自動車保険」です。今回はコンビニで一日自動車保険に加入する方法を説明します。

さまざまな事情から、他人の自動車を運転しなければいけないという機会はよくあるものです。そんなときに事故を起こしてしまうリスクに対応しているのが、24時間だけ加入できる「1日自動車保険」です。今回はスマートフォンから1日自動車保険に加入する方法を説明します。

自動車保険には、どんな事態を補償してくれるかによって、かかる保険料が異なります。車両保険は大きく分けると一般型タイプとエコノミー型タイプとに分けることができますが、このうちいろいろなシーンで補償してもらうことができるのは、一般型タイプの保険となります。この保険では、自動車事故はもちろん、窓ガラスの割れや盗難の被害などはもちろんですが、例えばうっかり電柱に衝突してしまった場合とか、崖などから落ちてし...