年代別で見る自動車保険記事一覧

18歳で免許を取得と同時に車を持ちたいと思う場合、車の購入と同時に考える必要があるのが自動車保険です。自動車保険は年齢別、車両別にそれぞれ保険料率が設定されています。保険料率は事故率から決定しますから、事故発生率が高い10代は保険料が高くなってしまいます。また初めて自動車保険に加入することになるため、スタート時の等級も低くその分保険料が高くなります。しかし10代のうちは収入が少なく、保険料はかなり...

自動車保険は自動車を所有する人が任意で加入する保険です。もし高校卒業後、18歳の時点で免許を取得し、自分の車を所有することになった場合には、任意保険にも加入することになります。車を運転する人であれば、どの年齢の方であったとしても任意保険に加入する必要があります。しかし任意保険は強制保険ではないため、なぜわざわざ保険に加入する必要があるのかと思うかもしれません。可能性として一生事故を起こさずにあるい...

19歳でも自動車保険に加入することができますが、加入する際にはいくつか注意点を知っておくことをお勧めします。年齢区分では19歳での加入の場合全年齢担保となるため、最も保険料率が高くなります。自分で加入しようとする場合、新規契約となるため6等級からのスタートとなります。6等級では保険料が19%の割引率になりますが、それでも保険料の高さに驚かれるかも知れません。だれでも新規で契約する場合には6等級から...

自動車保険の保険料を少しでも安く抑えて会計への負担を減らしたいと考える方も少なくありません。例えば毎月1000円保険料を節約できた場合、年間12000円もの節約になります。その半分だとしてもかなりの節約になることがわかります。30代になると住宅ローンや子どもの養育費など生活上の出費が増えますから、少しでも出費を減らして家計負担を軽くしたいと考えるかもしれません。自動車保険は自動車を所有している以上...

自動車保険はリスク細分型が一般的になり、車の用途や年齢、車種により保険料が変わります。リスク細分型保険を選択することのメリットは、年齢別の区分がこれまでよりも多くなり、年齢が上がれば上がるほど得をするように設定されていることです。かつては年齢区分が全年齢担保、21歳未満不担保、26歳未満不担保の3段階でしたが、今は30歳、35歳未満不担保といった設定が用意されています。50代で自動車保険に加入する...

自動車免許は18歳から取得できますから、高校在学中の方でも学校の許可が得られれば運転免許を取得することができます。仮に在学中に運転免許を取得して、自分の車を購入したいと思う場合、自動車保険に加入する必要があります。しかし学生は収入がありませんから、自動車保険に加入できるのだろうかと心配になってしまうかもしれません。大学生についても同様のことが言えます。もし家の車を運転できるのであれば、そのような心...

自動車保険は通常等級によって保険料が決まっています。しかし、年齢次第では保険料がさらに安くなるのです。一般的には年齢が高くなるほど保険料も安くなります。一定年齢未満は不担保にすることで保険料を安くする制度で、特定の年齢を境に割引が適用されます。ただ年齢はいくつかに区分されているため、特定年齢に達していないと適用できません。安くなる年齢は21歳以上、26歳以上、30歳以上と決められています。これに加...