安い自動車保険を探す記事一覧

自動車保険は保険会社ごとに保険料が異なります。これまでの代理店型の販売方式に加えて通販やダイレクト型と呼ばれる販売方式もあり、どこが安いのかわからなくなってしまうかもしれません。それぞれにメリットとデメリットがありますが、どこが安いかという観点から考えると、次のようになります。保険料が割高になるのは代理店方式での契約です。代理店型の販売は保険料が割高になります。その理由は代理店に支払う報酬が必要だ...

自動車保険を選ぶ際にどこが良いかを判断するのは主に自分自身になります。しかし判断する際には参考にできる情報があります。その1つがソルベンシーマージン比率です。ソルベンシーマージン比率とは保険会社の経営健全性を表す指標のことです。損害保険会社は金融庁の監督下にあり、経営状態が悪化すると金融庁による指導が行われます。金融庁が定める健全性の最低ラインは200%です。しかし国内で自動車保険を販売する損保各...

自動車保険の加入前に、複数の自動車保険について見積もりを取ることは、保険料の安さだけではなく、補償内容に関しても比較することができます。しかし自動車保険の比較はいくつもの代理店に依頼しなくてはいけないため、見積もり後の勧誘が嫌で見積もりをあえてお願いしないという人もいます。もしプライバシーを守り、勧誘に悩まされることなく保険の比較ができれば、お願いしてもいいと考えてはいないでしょうか。そのような方...

自動車保険の保険料を月払いで支払っている人はかなりの数を占めますが、支払い方法を変えることで月払いよりも安い料金になります。保険の見直しはテレビコマーシャルや駅の看板などで良く見かけますが、支払い方法の変更で保険料を安くできるということについてはあまり知られてはいません。自動車保険を扱う保険代理店で勤務する外交員は、月払いよりも安い保険料の支払い方法を知っているので、その方法を利用して保険料の節約...

自動車保険は分割での支払いにすると一括払いに比べて保険料が割高になります。自動車保険は相互扶助の理念に基づいて開発された保険ですから、公平性を保つ必要性があります。一括払いの方が分割払いよりも保険料が割安になるのはそのためです。しかし分割払いでも割安に契約できる保険があります。少しでも安い自動車保険に入ろうと思う場合には、そのような保険を選ぶようにしてください。また割安に契約できる保険に加えて、複...

インターネットで気軽にできる自動車保険の一括見積もりが人気を集めています。一括見積もりを利用することで、それぞれの保険会社の自動車保険の保険料の違いをすぐに判断できます。例えば保険料を抑えたいと考えているコスト重視の方であれば、一括見積もりを利用することで、すぐにどこが安いかがわかります。補償内容を横並びにすれば、同じ内容でどこが安いかがわかるので、保険選びの際に役立ちます。一括見積もりの利用方法...

自動車保険の見積もりを取る際には、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。見積もりを取ると、見積書が送られてきます。インターネットからの見積もり依頼の場合は、画面上に表示されるか、PDFファイルで閲覧できる場合もあります。それぞれの補償内容ごとに保険料が記載されていますので、項目ごとに確認するようにしてください。基本的な補償項目である対人賠償、対物賠償についての項目、人身傷害や搭乗者傷害の...

自動車保険を一括見積もりで比較することのメリットは、補償別、保険料別で比較できることです。一括見積もりを依頼する場合、複数の保険会社の見積もりを依頼できます。自分が希望する保険会社をいくつか並べて比較することもできるので、どの保険会社の補償が最も自分の希望に合っているかもよくわかります。一括見積もりを依頼するには、インターネットからの申し込みや、乗合い型代理店で依頼する方法があります。自動車保険を...

自動車保険の保険料概算を知ることができる簡単見積もりが便利です。もしかしたら簡単見積もりで本当に正確な保険料がわかるのだろうかと疑問に思われるかも知れません。簡単見積もりは損害保険会社のホームページの1コンテンツとして提供されている場合が多く、年齢と用途などを指定するだけでその場で見積もりができるというメリットがあります。簡単見積もりは、特にまだ契約を真剣には考えていないものの、大体の保険料を知り...

テレビコマーシャルなどで格安な自動車保険が盛んに宣伝されています。安かろう悪かろうの言葉の通り、安いものには何か訳があるに違いないと不安に感じる人もいます。格安な自動車保険は本当に安心できるのか知りたいと思う人もいることでしょう。結論から言えば、格安な自動車保険も安心して契約できると言えます。注意点は格安になるのは一定の条件を満たした人であり、すべての人が安さを感じられるわけではないということです...

事業所で車を使用する場合、法人契約で自動車保険に加入することができます。業務使用の場合、通常のノンフリート契約でも契約できますが、法人契約を選ぶなら、様々なメリットがあります。また条件次第では保険料が安い場合もありますので、法人契約での自動車保険について知っておくことは大切です。法人契約は1台から契約できます。この場合、記名被保険者だけでなく社員が使用できるよう年齢条件を定めずに割安な保険料で契約...

自動車保険の補償内容は、よく確かめることをせずに契約している人が多いというのが実情です。長年付き合いのある保険代理店から補償プランを提案され、そのまま契約するというパターンです。保険代理店から提案される補償プランは内容的に充実しているものが多いですが、本当に必要な補償なのかを確かめることも時には必要です。例えば特約面で本来それほど必要でない補償が付いていたりするケースもあるからです。保険料よりも補...

自動車保険は契約前に保険料の試算ができます。家計簿をつけて家計を管理している主婦の方や、収支計算を行ない、計画的にお金を管理している人であれば、必ずと言っていいほど実施しています。もしこれまでに自動車保険の試算を行なったことがないのであれば、一度利用してみることをお勧めいたします。自動車保険の試算のメリットとして、大体の保険料が把握できるため、マネープランを立てやすくなることや他の自動車保険と比較...

自動車保険は補償内容や契約方法により保険料が異なります。例えばダイレクト型自動車保険での契約と代理店を介した場合の契約とで保険料は異なります。その理由は人件費がかかるためです。代理店からの契約の場合、保険会社は代理店に手数料を支払う必要があり、手数料は保険料に含まれます。ダイレクト型であれば代理店を介さない為、その分保険料を割り引くことができます。そのため同じ補償であっても一概に自動車保険の相場を...

自動車保険を電話で見積もりできれば便利だと思う方もいることでしょう。自動車保険に限らず、保険の見積もりや申し込みは対面でないといけないと思っている人もいますが、実際には電話やインターネットからも見積もりの依頼ができます。忙しい生活を送っていて、保険代理店を自宅に招く時間が取れない方や、対面で見積もりを依頼するのが苦手だと感じている人に向いているのが、電話での自動車保険の見積もりです。通常の見積もり...

自動車保険を選ぶにあたって、少しでも保険料を安くしたいと思っている人も多いでしょう。また保険見直しにあたって、安い保険料の自動車保険があれば乗り換えたいと考えている人もいるはずです。自動車保険の保険料ですが、車種や運転する人の条件によって決まります。よって、どのような条件でもこの自動車保険に入れば絶対に安いというものはありません。自分の条件で最も安い保険料はどこかで比較する必要があります。自動車保...

自動車保険をどの商品にするかという決定をする際には、一括見積もりのサービスを使うと便利です。複数の保険会社のいろいろな商品を、自分の希望する条件を入力するだけですぐにまとめて表示してくれて、より安い保険会社を見つけることができるからです。とても便利でスピーディーなので利用している人もたくさんいますが、自動車保険の一括見積もりにはメリットだけでなくデメリットもありますので、そのことも考慮に入れた上で...

自動車保険の保険料に算出は基本的に事故などによる賠償金や保険金の支払いをする可能性が高いか低いかで決められます。そのためにいろいろなファクターを研究して、どういった人が事故を起こしやすいのか、どういった車が事故を起こしやすいのかということを判断し、それによって保険料を決定しているのです。その一つとしてあるのが加入する車両の車種です。

安心を買えるからといって加入する自動車保険ですが、毎年何万円もの保険料を払うのはやはり経済的にかなりのダメージになります。それでもここ最近は保険料の規制がなくなり、かなり安い保険商品が出てきているので一昔前よりはだいぶ楽になりました。ただそれでもやはり年間数万円から数十万円のお金を払うのは厳しいことです。そこで何とか保険料を節約することはできないかということになるわけです。

自動車保険は万が一交通事故を起こしてしまった時のために加入するものです。しかし頻繁に車に乗る人であればまだしも、もしあまり車に乗らないのであれば本当に必要なのかと思ってしまうかもしれません。万が一のことを考えると当然自動車保険に入っていた方が望ましいのですが、あまり車に乗らない人が保険料を安くできる方法があります。使用目的を変更するもしあまり車に乗らないというのであれば、自動車保険の使用目的を変更...

自動車保険を選ぶにあたって、やはりいちばん気にしたいことは「保険料をできるだけ安くしたい」ということですよね。近年、“安い自動車保険”として注目されているのがネット自動車保険ですが、ではなぜネット保険が安くなるのでしょうか。今回はネット自動車保険について説明します。

統計では、急発進や急ブレーキなどが多い、「荒い」運転をする人は事故率が高く、逆にスロー発進など、ソフトな運転を日頃心がけている人は事故率が少ないと言われています。このような日頃の運転行動に連動して保険料のキャッシュバックが発生する保険が、ソニー損保が2015年に発売したPHYD(運転行動連動型)保険「やさしい運転キャッシュバック型自動車保険」です。