自動車保険の更新・変更・解約記事一覧

テレビコマーシャルなどで盛んに保険の見直しが宣伝されています。携帯電話のキャリア変更のように見直しをすることで料金が節約できるように、自動車保険も見直しをすることで節約できるというのが、謳い文句となっています。もしかしたら自動車保険の見直しが本当に必要なのかと思われるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか。結論から言うと、今の補償内容で満足しているのであれば、見直す必要はありません。見直す必要...

自動車保険の契約期間中に補償内容を変えたい場合が生じるケースがあります。具体的には車を買い替えた場合や、交通事故で車が全損扱いとなり、新たな車を購入することになった場合がそれに当たります。車を買い替えるときは、補償内容を新しく購入する車に見合ったものにする必要があります。その際には内容変更の手続きが必要になります。保険契約期間中でも、買い替えに伴う内容変更は可能です。その際は保険代理店に連絡を入れ...

自動車保険は更新時期が定められています。基本的には契約した日から1年経過した日が更新日になります。自動車保険は1年契約となっているため、毎年1年ごとに契約を更新する必要があります。長期契約の場合も1年ごとに更新を行ないますが、1年契約と異なり、補償内容の更新は基本的にありません。自動車保険の更新は自動更新ではなく、告知を行なうことになります。補償内容に相違はないか、希望通りの補償が設定されているか...

自動車保険は1年ごとに保険を更新する必要があります。更新する時期のことを自動車保険の更新時期と呼んでいます。生命保険とは異なり、自動車保険などの損害保険は1年契約が基本で、契約した日から起算して1年後が更新時期になります。更新時期を忘れてしまうことがないようにするため、代理店契約の場合やダイレクト型での契約の場合も、更新時期が近づくと契約者宛に通知が届くことになっています。更新時期になったなら、早...

自動車保険を乗り換える場合、これまで維持してきた等級はどうなるのだろうかと思われるかも知れません。自動車保険の等級制度は無事故が長く続くほど割引率が高くなるため、できれば割引率の高い等級を引き継いで、新たな自動車保険に加入したいと思うことでしょう。自動車保険を乗り換える場合の等級は基本的に引き継がれます。等級を引き継ぐのには、新たな保険に加入する前に、これまで契約している保険証券が必要になります。...

自動車保険を解約する方法は簡単です。例えば事故で全損した場合、しばらく車に乗る機会がないのであれば、自動車保険を解約することができます。また海外赴任などで日本を離れる場合についても同様です。その場合には保険会社に連絡を入れて、解約手続きを取ります。保険料を一括で支払っている場合、解約によって返戻金を受け取ることができます。保険会社によって返戻金の額が異なります。単純に月割で保険料を計算して余った保...

自動車保険を何らかの理由で中途解約したいと思う場合、いくつかの注意点さえ気を付けておけば、失敗せずに中途解約をすることができます。中途解約の方法は、保険会社に解約希望を伝えることで手続きできます。保険料を年払いにしている場合には、解約返戻金がありますが、満額戻ってくるわけではないため、その点は注意が必要です。保険会社によっては月割りで返戻金を契約者に戻すところもありますが、ほとんどの保険会社は手数...

自動車保険を代理店経由で契約している場合、時折代理店とのトラブルで他の代理店を利用したいと思うようになる場合があります。そのようなときに変更ができるかどうか知りたいと思われることでしょう。結論から言うと代理店変更は契約期間中でも行うことができます。代理店を変える場合、事前にこれまで契約していた代理店に他の店舗に変えることを伝えておくとよいでしょう。もちろん何も伝えずに変更することもできます。変更の...

車を廃車にする際には、自動車保険も解約する必要があります。事故により車を廃車にしてしまい、その後すぐに新たな車を購入する場合には、自動車保険そのまま継続することができますが、次に車を購入する予定がない場合や、新たな車を購入するまでの期間がある程度かかる場合には、一旦自動車保険を解約することで、無駄な出費を防ぐことができます。どのくらいの期間であれば継続したほうが得かというと、2か月ほどのブランクで...

自動車保険は途中で一時停止することができます。自動車保険を止めたくなった場合は解約してしまう方が一般的です。しかし、保険を一度解約してしまうと今までの等級が維持されなくなり、次回契約時は強制的に6等級から再度スタートしてしまいます。そのため無事故で等級を維持していたとしても、解約すると無駄になってしまうのです。20等級だった方も解約すると次回は6等級になるため、5割ほど保険料の負担が増えます。等級...

自動車保険の保険料を左右するのが等級です。年齢条件は一定年齢以上になれば適用可能ですが、等級は事故の有無によって変わります。長年無事故で等級の恩恵を受けている方もいますが、自動車保険を解約する際には注意しないといけません。解約方法によっては等級が維持されず、また6等級から始めなければいけないのです。等級により次回契約時の保険料が割り増しになってしまいます。現在6等級以上の方は解約時に注意する必要が...

自動車保険を見直すことで、保険料が安くなるケースは珍しくありません。別の保険会社に乗り換えると、年間保険料が数割さらに節約できる場合もあるのです。等級や年齢条件次第でも割引されますが、安くなるなら乗り換えの余地もあります。場合によっては自動車保険の比較を考えてみても良いでしょう。等級は初めて自動車保険を契約する方は6等級から、その後無事故で過ごし続けると1年に1等級ずつ上がっていきます。逆に事故を...

自動車保険は保険内容と契約する保険会社によって、かなり質も料金も異なってきます。そのため、自動車保険の更新時期が近づいて来たら、保険の内容とサービスを見直してみると良いでしょう。ほとんどの自動車保険は、加入者が何も言わないと、自動的に更新されるようになっています。しっかりと見直しを行わないと、不必要な保険内容のために高い保険料を支払ってしまうということも起こりえます。自動車保険の更新時期が来たら、...

自動車保険のメインとなる割引制度にノンフリート等級というものがありますが、このノンフリート等級は自動車保険に継続的に加入していないとクリアされてしまうという性質があります。例えば、何年も車に乗り続け、自動車保険にもずっと加入してきて、ノンフリート等級も20等級までアップさせたとしても、一時的自動車を手放すなど自動車保険の未加入時期が13カ月以上あると、20等級のノンフリート等級が見事に6等級に戻っ...

損害保険会社が発売している自動車保険という保険商品は、自賠責保険のように車につけるものではなく、人間側につけるものです。そのため人間に何かしらの変更があった場合は、損害保険会社にすぐに連絡を入れ、登録されている内容の変更手続きを行わなければなりません。

損害保険会社が販売する自動車保険は基本的に人間に対してはいるものですが、同時にその人間が運転する自動車も限定されることになります。その自動車を判別するものはすべて車検証によるところとなります。

戸籍上の親子とは、戸籍謄本に親子関係として登録されているもの同士のことを言いますが、自動車保険における親子はそれとはちょっと考え方が違います。それは日常的いう親子関係とも違います。

自動車保険は自動車を保有し、運転し続けているのであれば、毎年毎年更新をし続けながら継続的に加入していくわけですが、場合によっては、一時的に車を運転することが無くなったり、車を手放してしまうといったこともあり、自動車保険を解約してしまうことになります。自動車保険は基本的に解約してしまうと今までの経歴が破棄されてしまうことになり、それまで築き上げた安全運転の履歴も無くなってしまうのです。

契約期間が1年であることが多い自動車保険では、毎年更新していくことが必要です。更新時期の数か月前あたりからハガキなり電話なりで「更新時期が近付いてきています」といた主旨の連絡が来ます。それを見てすぐに更新手続きなどの行動に出ればいいですが、あまりにも早い時期に来るので後回しにしてしまい、ついうっかり忘れてしまったなどということもあるでしょう。損害保険会社も他の自動車保険に乗り換えられないようにと早...

自動車保険に加入している最中に周りの環境が大きく変わる時もあるかと思います。引っ越しで現住所が変わる、結婚して姓が変わる、自動車を買い替えたなどいろいろなパターンがあると思います。その中で時には保険料に関わる変化というものがあり、それを申告することで契約内容が変更となり、保険料の一部が返金されることもあります。

中古車を買ったとか、友人から売ってもらったとか、親から譲り受けたといった形で自動車を手に入れた場合や車を売却した、人にあげた、子供に譲ったといった車を手放した時など自動車登録の名義変更を行うことになります。自動車保険に加入している時は、名義変更を行った際に損害保険会社にその趣旨を伝えて、それ相当の手続きをしなければなりません。

最近はできちゃった結婚が増えたことによって離婚率がぐっと上がってしまいましたが、それまで夫婦の車として乗っていた車に掛けていた自動車保険は、離婚したことによってどう変わってしまうのでしょうか。

自動車保険の保険料は決して安くはないので、少しでも保険料を安くする方法はないだろうかと考えることでしょう。特に自動車保険を契約したばかりの時は等級が低いので、保険料が高めになります。したがって高い等級を引き継ぐことができれば、保険料を安くすることができるのです。等級を引き継ぐことなどできるのでしょうか。保険会社間の等級の引き継ぎまず保険会社を変更する時の等級の引き継ぎについて考えてみましょう。基本...

自動車保険は任意のものであれば、満期になったら自分で更新手続きを行わなければなりません。今は自動更新という制度を採用している会社もありますが、もしもっと安い保険料のところが見つかったなら変更したいと思うことでしょう。満期になる何日前から更新や変更ができるのでしょうか。基本的には90日前から自動車保険が満期になる何日前から更新手続きができるかというと、基本的には90日と考えておくと良いでしょう。ソニ...

自動車保険は満期になる少し前に更新手続きをして継続していくものですが、もしかするとある自動車保険を更新しないという決定をするかもしれません。車を廃車にした、別に自動車保険の方が保険料が安いなどの理由があるでしょう。では自動車保険を更新しない時にはどんな手続きが必要なのでしょうか。更新しない場合の手続き自動車保険を更新しない場合、手続きには二通りあります。まずは年間の保険料を一括で支払っている場合で...

自動車保険に加入している人の中には、少しの間任意保険を解約して後で再加入したいと思っている人もいるかもしれません。例えば一時的に車を手放すものの、またしばらくしたら新たに車を購入する予定といった場合です。そんな時に自動車保険が満期を迎えてしまうと、ノンフリート等級がまた最初の6等級になってしまい保険料が高くなります。そうならないためにできるのが自動車保険の再加入のための中断証明書です。中断証明書と...

自動車保険は基本的に一年契約であり、毎年満期になる前に更新する必要があります。毎年契約内容や保険料の見直しができるので一年契約にはメリットがありますが、中には三年契約で自動車保険を契約する方もいます。三年契約にはどんなメリットがあるのでしょうか。さらに途中解約はできるのでしょうか。三年契約のメリットとデメリット三年契約のもっとも大きなメリットは保険料が三年間変わらないということでしょう。この保険料...

自動車保険は同じ保険会社とずっと契約するのがもっとも手間がかからず簡単なのですが、時には保険料がもっと安い会社を見つけて乗り換えたいと思うこともあるでしょう。しかし自動車保険を乗り換えたい時にはその時期によって注意すべきことがあります。これから自動車保険を乗り換える可能性がある方はぜひ覚えておきたいところです。満期に伴う乗り換えの場合もし今契約している自動車保険が満期を迎え、そこで別の自動車保険に...

自動車保険は基本的に各自動車ごとに契約する必要があります。つまり車ごとにノンフリート等級が決まっていて保険料に反映されるということです。しかし時には自動車保険や車を他の人から譲り受けるということがあるかもしれません。そんな場合には名義変更などをすぐに行うことで保険料を安く抑えることができます。自動車保険を譲り受ける場合自動車保険を譲り受けるケースはほとんどが親から子へというものです。例えば父親がす...

あまり聞きなれない言葉ですが、自動車保険には中途更改というシステムがあります。中途更改とは今契約している自動車保険の満期を待たずに解約し、他の自動車保険に加入するというものです。簡単に言えば契約期間中に自動車保険を乗り換えるということです。もっと保険料が安い自動車保険を見つけたり、所有している複数の車の保険始期日を合わせたりするために使われる方法です。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。...

自動車保険の保険料は基本的には掛け捨て、つまり一度支払ってしまえば戻ってくるということはありませんでした。一年間にどれだけの保険料を払っているとしても、払ってしまえば無事故であったとしても少しも返ってきません。しかし保険料が返ってくるケースもあります。それが途中解約した場合と、「やさしい運転キャッシュバック型」です。途中解約した場合もし保険料を毎月支払っている場合には途中解約しても保険料は戻ってく...

2019年のGWは、天皇陛下のご退位と皇太子殿下の天皇ご即位に合わせ例年の祭日が変更され、10連休になることが報道されています。こんな時に気になるのが、期間中の自動車保険の更新です。連休中は保険会社や損保会社が休みに入ってしまい、最大10日間以上車が運転できなくなる可能性があります。祭日等の都合で契約日を変更したい場合はどのようにすれば良いでしょうか?