自動車保険の事故対応・補償範囲記事一覧

万が一交通事故を起こしてしまった場合、加入する自動車保険の保険会社に連絡を入れ、事故対応を行うように手続きを取ることができます。保険会社に連絡を入れる前にまず行うべきこととして、事故の加害者になった場合は、被害者の救護を行ないます。救護を怠った場合は処罰の対象となるため注意が必要です。必要な応急措置や、負傷者を安全な場所へ搬送するなどの行動に加え、救急車の手配と警察への連絡を行ないます。ここまでは...

自動車保険の乗り換えを考えている人なら、保険会社の事故対応のランキングも気になることでしょう。自動車保険は万一の際の補償を提供する手段ですが、事故の際の対応が良ければ、安心して保険を利用することができますし、嫌な思いをせずに保険を利用することができます。生命保険と自動車保険の違いは、保険金の受け取りの際の満足度の違いと良く言われます。その理由は生命保険は保険金を受け取った方から感謝されることが多い...

自動車保険には自動車に乗車中の人の、ケガや死亡といった万が一の時の補償をする人身傷害特約を付帯することができます。これまでの搭乗者傷害保険との違いや補償内容を知っておくと、契約の際に役に立ちます。人身傷害特約のメリットは、相手の示談を待たずに補償できるということです。いち早く補償が受けられるため、自動車事故で負傷した時などに役に立つ機能が付帯しています。また衝突事故で過失割合が7対3などの場合にも...

他人の車を運転する場合、注意する必要があるのが自動車保険の補償範囲です。年齢や運転者が限定されていると、補償されない場合がありますから、運転の前に注意する必要があります。しかし補償が適用されない場合でも、他人の車を運転する場合に補償できる方法があります。それは他車運転者危険特約です。この特約はほとんどの自動車保険に付帯されている特約で、他人の車を運転した場合に、自分の保険から補償を提供することがで...

他人名義の自動車保険の補償範囲を知っておくならば、運転を代わりに頼まれた場合や車を借りる場合に安心して運転することができます。車を借りる場合や運転を変わる場合には、相手の大丈夫という言葉をうのみにせずに、必ず補償がどうなっているかを確認してください。補償範囲を知らずに車を運転して事故をおこし、補償適用外であるということに気付いたとしたら、取り返しのつかない事態になってしまうからです。補償範囲は保険...

車を代替えする場合や新たに新車を購入するときには、納車までの間に起きた事故の補償はどうなるのか知りたいと思われる方もいます。自動車保険の責任開始は納車前に設定するのが一般的ですが、万一納車前に事故が起きてしまった場合、自分の保険から補償しなくてはならないのだろうかと不安になるかもしれません。できれば無事故で納車をしてもらえれば問題ありませんが、事故が起きるかどうかという点について確実なことは言えま...

自動車保険の車両保険は、車両が損害を受けた場合に修理費用を補償します。車両保険は所有する自動車の時価額に基づき、車両保険金額を設定することができます。車両保険を利用する場合、全損扱いという言葉を聞くことがあります。全損扱いとは車両保険を付帯している車が事故により修理が必要になり、修理総額が車両保険額を超えることを指しています。例えば車両保険の契約額が100万円で修理費用が110万円の場合、支払われ...

自動車保険は契約内容に違反していない限り補償を受けることができますが、契約内容の範囲を超えて起こした事故については補償の対象外になります。具体例として危険ドラッグや麻薬を使用して運転中に事故を起こした場合は、補償の対象外になります。ただし人道的な見地から対人賠償のみ適用されることもあります。飲酒運転についても同様で、飲酒運転により事故を起こした場合には、相手に対する賠償は補償されるものの、自分が負...

自動車保険は保険商品によって様々な特約が用意されています。その1つが個人賠償責任保険です。個人賠償責任保険とは、買い物中に高価なものを破損してしまった場合や、自転車を運転中に歩行者にぶつかり、相手を負傷させてしまった場合、犬の散歩中に愛犬が突然他の人にかみついてけがをさせてしまった場合など、偶発的な事故を補償する保険を指します。個人賠償責任保険は単独で契約できるものや火災保険に付帯されているものも...

車を運転中に飛び石が車に当たって、傷がついてしまうケースがあります。高速道路での走行中に飛び石がフロントガラスに当たり、蜂の巣のように割れてしまったという経験がある人もいます。飛び石が当たった場合は、自分の加入する自動車保険から補償されます。注意点として車両保険での補償となるため、車両保険を付帯していない場合には補償対象外となります。もし飛び石によるリスクを考慮している場合は、車両保険もしくはエコ...

自動車保険の補償内容は対人、対物、搭乗者、車両に対する補償から成り立っています。車に乗っている同乗者を補償するのが搭乗者傷害保険、人身傷害保険の2つです。自賠責保険は被害者に対する補償のみですから、交通事故を起こして自分がケガをしてしまった場合には、補償の対象にはなりません。自分のケガを補償してくれるのが前述の補償です。このことから任意保険に加入する必要性が分かります。搭乗者傷害保険と人身傷害保険...

免責というのは、その言葉の通りに責任を免れるということです。つまり、免責事項とは決められた特定の事項によって発生した損害については、保険会社が保険料を支払わないという規定なのです。免責事項とされていることが多いのは、戦争などのような不慮の事態、自動車保険で契約している車両を使用した自殺など、それに対して保険金を支払う必要があると保険会社が補償するのが難しい、保険金目当てで故意に何かが引き起こされる...

事故に遭った場合、自動車保険の保険金請求が必要になります。保険金請求は事故を起こした側が行ないます。被害者は保険金請求を行う必要はなく、加害者側の保険金請求手続きが完了すると、保険金が支払われることになります。必要な書類には、保険金請求書、事故発生時の状況を説明する状況報告書です。このほかに保険金額により印鑑証明が必要になる場合もあります。これらの書類は手続きを進める段階で保険会社が用意してくれま...

走行中に小石が飛んできてボディやフロントガラスに傷がついてしまったという経験をしたことがありませんか?飛び石が原因で傷がついてしまうと、場所によってはとても目立ってしまいます。自分できれいに修復することは難しいので、板金に出すのが一番ですが、気になるのは修理費用です。ちょっとしたヘコミでも板金を依頼するとかなり高額な修理費用が請求される場合があります。自費で直すには高すぎると感じることもあることで...

もらい事故での損害の場合、自動車保険の等級が下がってしまうのではと心配してしまうかもしれません。自分に非がなくても等級が下がってしまうとすれば保険料は当然高くなりますから、納得がいかないのも無理はありません。しかしもらい事故の場合、過失割合が0であれば基本的に等級ダウンすることはありませんから、安心してください。もらい事故で等級が下がってしまうのではという心配は、事故の際に保険会社に連絡する時点で...

自動車保険は事故率に応じた保険料が設定されています。例えばスポーツカーはファミリーカーよりも保険料が割高になっていますし、安全性能が高い車ほど保険料が割安になっています。先進の安全技術を搭載している車に対する割引制度や、エコカー割引などもそれに当たります。自動車ユーザーであれば保険料が安いに越したことはないため、保険料が安くなるのであればうれしくなるものです。損害保険会社は自動車保険加入者の加入状...

自動車保険の目的の基本は、自分が事故を起こしてしまった場合、相手の損害を補償するというところにあります。そのため、必要最低限の補償内容しか契約していないと、自分や同乗者になんらかの損害があったとしても、また自分の車が壊れてしまったとしても、補償が利かないこともあります。そのため、自分自身と自分の車のための補償のこともしっかりと考える必要があります。自分のための補償を目的とした保険はいくつかあります...

警察や自動車保険の概念では交通事故の責任を過失割合といった数字で示します。5:5とか3:7といったように合計で10にする形で表すのですが、この数字を見て事故当事者が加入している損害保険会社が話し合って、相手のどれくらいの賠償金を支払うのかということを算出します。

自動車保険はその車を一番多く運転する人と契約することになっています。それを自動車保険では「主に運転をする人」と呼びますが、この方と損害保険会社の間で契約を結ぶのが自動車保険のかたちです。しかし、個人向け自動車保険では、その車に乗るであろう方の名前を申告することによって、主に運転する人と同等の補償を受けることができるようになっていますが、契約者はあくまでも「主に運転する人」ということになります。

商業施設やコインパーキングなどの車を止めて、用事を済ませて帰ってきたら自分の車が悲惨なことになっていたなどということもよくある話です。いわゆる当て逃げというもので、ほとんどの場合、その現場にいることがありませんので、加害者を見つけるのが一苦労です

自動車保険は事故を起こして相手に損害を与えてしまった時に損害賠償をするもので、基本的には自分側に損害を補償するために加入するものではありません。これが大前提です。しかし、事故の傾向を見たり、加入者を増やすために別途、自分側の補償をするための保険商品が用意されています。それが搭乗者保険や人身傷害保険などですが、その中で唯一自分側の車体に関わる部分を補償してくれる車両保険というものがあります。

自動車保険に設定されている使用目的は申し込みを行う時に適切なものに設定する必要があります。保険料が安いからといって仕事で毎日乗る車を日常レジャー目的などにしてはいけません。なぜなら交通事故を起こして保険金や賠償金を請求しても一切払ってくれなくなるからです。

自動車保険は保険料を支払うだけでなく、実際に保険を使う時の知識も必要になります。事故が起きないに越したことはありませんが、いざ起きてしまった時のためにどのように慰謝料が計算されるのか知っておく必要があるでしょう。自動車保険の種類によって計算方法が変わるので注意が必要です。慰謝料の種類は三種類慰謝料と一言で言っても三つの種類があります。入院慰謝料、後遺障害慰謝料そして死亡慰謝料です。入院慰謝料とは事...

自動車で交通事故に遭って、自分が本来するはずだった仕事ができなくなってしまう、という事があるかもしれません。そんな時には交通事故を起こした加害者が、被害者に対して休業補償を支払うことになります。しかし休業補償についてよく知らないでいると、もらえるはずの休業補償が受け取れないということもあります。休業補償はどんなものなのかを良く知るようにしましょう。休業補償の計算方法自動車保険の休業補償とは交通事故...

自動車保険はいざ事故に遭ってしまった時の強い味方です。通常、自動車は自賠責保険に入っていますが、その自賠責保険でカバーできない部分任意の自動車保険で支払うことができるからです。しかし時には自動車保険の対応に不満があるということもあるかもしれません。そんな時にどのように苦情相談をしたらよいのでしょうか。苦情相談にはどんなものがある?苦情相談と一言で言ってもいろいろなものがあります。もっとも多いのは事...

自動車で事故を起こすと、いろいろな問題が起こります。車を直すことはもちろんですが、もっとも大きな問題は人にけがをさせてしまうことでしょう。さらに悪いことに被害者の方が亡くなってしまうということもありえます。精神的には非常につらいですが、自動車保険を最大限に利用して誠意を見せることが重要になります。そこで利用できる一つのポイントが見舞金です。見舞金とは見舞金とは事故を起こしてしまった相手に対して、慰...

自動車保険の保険料は保障内容によって大きく変化するので、どんな保証を付けるかというのはなかなか悩むところです。自分が支払える範囲の保険料でかつできるだけ手厚い保障にする必要があるからです。ではどんな保障をつけておけばいざという時に安心なのでしょうか。最低限必要な保障について見てみましょう。相手への保障はできるだけ手厚く自動車保険の保障にはいくつかの種類があります。相手方への保障、自分や同乗者への保...

自動車保険で難しいのは、ノンフリート等級の上下でしょう。一年間無事故であればノンフリート等級は一つ上がります。一方で事故を起こして自動車保険を使ってしまうと、ノンフリート等級は三つ下がって保険料が跳ね上がってしまいます。そこで問題になるのが、それほど大きな事故でない場合、特に人身事故ではなく車の擦り傷程度の事故の場合に自動車保険を使うかどうかということです。擦り傷程度なら使わない方がいいこともノン...

自動車保険のシステムは簡単に言うと、事故のリスクが高い契約者や契約車両には高い保険料が、あまり事故を起こさないと考えられる契約者には保険料を抑えて提供するというものです。したがって契約車両がどんな使用目的かということも保険料に大きく関わってきます。では契約車両の使用目的と保険料の関係を見てみましょう。使用目的とリスクの大きさ車はいろいろな目的に用いられますが、自動車保険で質問される使用目的は大きく...

自動車保険は交通事故を起こしてしまった時に相手方への補償をし、かつ自分の体を治療したり車を直したりするのにとても大切なものです。ですから自分の加入している自動車保険がどの範囲まで保障してくれるものなのか、どのようなケースでは補償が受けられないのかをしっかりと把握しておく必要があります。特に問題になるのが、契約車両の持ち主以外が事故を起こしてしまった場合です。契約車両の持ち主が保険の対象とは限らない...

自動車保険に加入するときに考えるべきなのは、どのくらいの保険料がかかるかということだけではありません。もし保険金が下りた時に、どの保険金をだれがもらうのかということも重要な問題です。特に受取人が問題になるのは、契約者が死亡した場合の死亡保険金の場合です。では自動車保険の保険金の受取人には誰がなることができるのでしょうか。保険金の受取人もし被保険者が死亡していなければ、当然保険金は被保険者が受け取る...

自動車保険の補償にはいくつかの種類があります。対人、対物、傷害、車両の四つです。このうち対人と対物は無制限に設定されることが多く、傷害・車両は各自の考え方によって異なります。車両保険にもいくつかの種類がありますが、一般タイプと限定Aタイプは契約車両が盗難されてしまった場合に適用されるものです。ところが契約車両が盗難に遭ったらすべてのケースで車両保険が適用されるかというとそうではないのです。盗難に対...

自動車を運転していると、ときにどれほど安全に注意を払っていても避け得ない“不運”な事故に遭うことがあります。典型的な“不運な事故”の一例として挙げられるのが、飛び石による被害でしょう。少額の修理に自動車保険を使うかどうか、悩みどころですが、実際、保険を利用した方が良いのでしょうか? このことについて調べてみました。

事故を起こしたわけではないけれど、車が故障して修理が必要になってしまうことはあるものです。そんな時、加入している自動車保険を使って修理できないかな、と期待したくなるかもしれません。しかし残念ながら、自動車の保険は事故とか盗難などによって受けた損害を補償するための保険なので、劣化や耐久性などが原因の修理は対象外となります。保険会社に連絡をしても、対象外ですと言われてしまうことになります。特に古い年式...

自然災害にはいろいろなものがあります。例えば水害なら、台風や大雨、洪水、高潮などがありますし、東日本大震災の時のように津波が襲ってくるということもあるでしょう。また、雪が降る地方なら雪害のリスクがあります。雪害なら霰や雹、大雪や雪崩などが該当します。その他、竜巻や突風による損害、落雷を受けて窓ガラスが割れたり車体にひびや穴が開いたりする事態が起こる可能性もあります。その他にも、日本は全国どこで地震...

自動車の保険には、自賠責保険と任意保険とがあります。このうち、自賠責保険は法律によって義務付けられているもので、車検の際に次の車検の時期まで更新加入する仕組みになっています。一方、任意保険は保険会社と契約する保険で、こちらは法律で義務付けられているというわけではないものの、対人や対物の補償に関しては加入することが強く推奨されているため、ほとんどのドライバーは対人賠償、対物賠償、人身傷害の補償には加...