自動車保険のいろんな割引制度記事一覧

自動車保険は毎年かなりの金額を保険料として支払う必要があるので、少しでも保険料を節約したいと思うことでしょう。保険会社も少しでも多くの顧客を獲得するために、いろいろな割引制度を設けています。賢く自動車保険の割引を使うことで保険料を安くできるのです。自動車保険の加入時の割引自動車保険は加入するときにすでに割引を受けることができます。例えばインターネット割引があります。インターネットで自動車保険を契約...

自動車保険には優良割引制度が設けられています。優良割引制度の対象となるのはフリート契約です。一般的な自動車保険契約であるノンフリート契約には基本的に優良割引制度は設けられていません。しかしリスク細分型保険の一環で、長期にわたって保険金請求がない契約者に対して、長期優良割引を設定している自動車保険も用意されています。それぞれの適用条件や補償内容を見てみることにしましょう。フリート契約における優良割引...

自動車保険は年齢別、運転者別の条件を限定することで保険料が割り引かれます。その反対に限定解除するならば、保険料が高くなります。そして限定解除することでメリットも生まれます。年齢制限をしない場合、子どもが免許を取得した場合に車を運転させることになるかもしれませんが、その場合の補償を設定できます。新たに子どものために車を購入して保険に加入する場合と比べて、費用負担は大幅に少なくなりますし、安心して子ど...

自動車保険には運転する人や年齢、使用用途などをあらかじめ指定する限定条件が設定されています。限定条件を設定することで、加入者は保険料の割引を受けることができます。限定条件とはリスク細分型自動車保険の一形態です。限定条件を設定しない場合、保険料が大幅に上がる可能性があります。その理由は、限定条件を指定しないことで事故リスクが高くなるためです。自動車保険は他の保険同様、相互扶助の理念により開発された商...

自動車保険を販売する損保各社も社会貢献活動に力を入れています。例えば企業が加入するチームマイナス6%活動というものがありますが、この活動にはCO2の排出量を減らすための目標値を設けて実際に環境活動を行なうことが含まれています。損保会社は保険商品を販売する会社ですから、実際に工場を持っているわけではなく、削減できるのは自社で使う電気量や用紙類などに限られると思われるかもしれません。しかし実際には、損...

自動車保険には、記名被保険者がゴールド免許を持つ場合に保険料の割引が受けられる割引特約を設定しています。これまでのブルーからゴールド免許に代わると、保険料が割り引かれその分お得に自動車保険を契約することができます。実際にどれくらいのメリットがあるかについて知りたいと思われる方も多くいますが、損害保険会社はそれぞれ割引率を定めているため、それぞれのホームページやパンフレットを確認しておくとよいでしょ...

自動車保険は車の車種によって保険料率が変わります。例えばスポーツカーの場合は事故発生率が高くなるため保険料が高めになります。ファミリーカーやコンパクトカーの場合、事故発生率が低くなることから保険料が安くなります。事故発生率は統計的に算出されています。そのためコンパクトカーや軽自動車、スポーツカーやトラックなど区分されています。実際の料率については私たちが知ることはできませんが、保険会社では料率に関...

車を運転する人の中には、週末だけ車を運転するレジャー目的の人や、通勤にだけ車を運転する人もいます。自動車保険は契約者が互いに保険料を出し合って保険制度を支える相互扶助の理念に基づいて商品が考えだされています。そのため事故率が高い人よりも事故率が低い人の保険料を抑えることで、双方の公平性を保つことができるのです。リスク細分型自動車保険の導入により、自動車保険は使用目的に従って保険料が変わるようになり...

自動車保険は団体割引が適用されます。団体割引とは保険証券に団体扱いと記載されます。加入方法は、勤務している企業が団体割引制度に加入している必要があります。この制度に加入していると、契約者数により割引率が変わります。通常の自動車保険よりも割安に契約できるため、加入するメリットは大きくなります。団体割引が適用されるかどうかについては、勤務先に尋ねてみることができます。割引が適用されることが分かったとき...

自動車保険の保険料は車種によって保険料率が変わります。損害保険会社は相互扶助の理念に基づいてより公平な自動車保険制度を実現するために、自動車の車種ごとに事故率を調査しています。統計的に調査することで、事故率の高い車種がわかりますから、そのような車は保険料が高くなるようにし、逆に事故率の低い車種については保険料が低くなるように設定を行ないます。車種ごとに保険料率区分が設定されていますが、その情報は代...

リスク細分型保険は車の使用頻度や走行距離、使用目的を細分化して状況に見合った保険料を設定する補償のことを指します。自動車保険によっては、走行距離により保険料の割引率が変化するものもあります。多くの損害保険会社が提供している自動車保険では、自動車の使用目的を三つの分野に分けて、目的別に保険料の割引を実施しています。具体的には日常、レジャー使用のケース、通勤で使用するケース、業務使用でのケースの三つで...

自動車保険の保険料を節約する方法の1つにゴールド免許の取得があります。損害保険会社各社は自動車保険の割引にゴールド免許割引を導入しています。自動車保険はリスク細分型と呼ばれる割引制度を導入しています。リスク細分型とは運転者の年齢や使用用途、車両タイプに応じて保険料を設定する保険契約を指します。例えば運転者の年齢が若いほど事故を起こす可能性が高くなるため、若い人ほど保険料が高くなり、事故率の低い年齢...

自動車保険を長期にわたって継続して契約し、その間事故がない場合には等級が年度ごとに一つずつ上がり、保険料が割り引かれます。自動車保険の等級制度は相互扶助の理念のもとに考え出された決まり事です。互いに保険料を出し合うことで大きな補償を作り出すのが相互扶助の概念ですが、同時に公平な保険料負担も相互扶助には含まれています。等級は1段階から20段階まであり、最も保険料が高くなるのが1等級で反対に割引率が最...

自動車保険は通常等級によって保険料が決まっています。しかし、年齢次第では保険料がさらに安くなるのです。一般的には年齢が高くなるほど保険料も安くなります。一定年齢未満は不担保にすることで保険料を安くする制度で、特定の年齢を境に割引が適用されます。ただ年齢はいくつかに区分されているため、特定年齢に達していないと適用できません。安くなる年齢は21歳以上、26歳以上、30歳以上と決められています。これに加...

車を複数台所有している場合、それぞれに自動車保険をかける必要があるので、保険料がかさんでしまいます。損害保険会社も契約者の保険料負担を減らすために、さまざまな割引制度を設けていますが、複数台所有している場合の割引サービスはあるのでしょうか。損害保険会社各社は複数台車を所有している契約者に対して、自動車保険の等級を優遇する割引制度を設けています。保険会社によって呼称が異なりますが、セカンドカー割引や...

自動車保険の保険料を節約できる裏ワザとも言えるのが複数年契約です。自動車保険は1年契約が基本ですが、3年の長期契約プランを利用できる場合があります。複数年契約をすることにはいくつものメリットがあります。保険料を節約したい場合や、割引等級で得をしたい場合には、複数年契約を検討する価値が十分にあります。自動車保険の複数年契約のメリットとデメリットについてまとめてみました。複数年契約により、保険料が割引...

自動車保険は基本的に1年間の契約期間を持って契約することが多いでしょう。しかし、火災保険や地震保険などいった他の損害保険や医療保険、生命保険などそれこそ何十年もの長い契約期間を持つことが多くなっており、その分、保険料などが安くなっていたり、補償内容が濃くなったりしています。ならば自動車保険も長期契約プランのようなものはないのかということになりますが、実は自動車保険でも長期契約ができるのです。これは...

事故を起こせば何かしらの支出がある自動車保険では、事故を起こさない車、事故を起こしても損害が少ない車を好みます。そのため、自動車にそういったメリットをもたらす装置がついていると保険料を割り引く制度を設定しています。いわゆる安全装置割引なるものです。

自動車保険には様々な割引制度がありますが、比較的割引率が高いのがドライバーを限定するものです。ドライバーを限定するものには年齢によるもの、契約者との続柄などによるものとなりますが、夫婦で車を共有し、他の誰も乗らないようであれば配偶者限定特約というものを付けた方がいいでしょう。

個人向けの自動車保険では基本的に1人の人間と1台の車の組み合わせで加入するものですが、中にはお父さんの車に他にお母さん用の買い物車を持っていたり、家族で出掛ける時用の車を持っていたりといった形で複数の車を持ち、それぞれに自動車保険をかけているという方もいることでしょう。この時、すでに1台目の自動車保険に加入しており、長年乗り続けているのでノンフリート等級もそこそこ高いランクとなっているとしても、同...

自動車保険を販売する損害保険会社側から見て、一番有難い客は、自動車保険に加入してきちんと保険料を支払っていてなおかつ自動車保険の補償を一切使わない方です。補償を使わないということは事故を起こしていないということになりますが、保険料を払うだけで補償を使わない、要するに損害保険会社にはお金が入って来るが出ることがないといったパターンの方が一番喜ぶのです。しかし、こういった方たちの心の中には、「自動車保...

エアバッグは、先進安全装備として使われるようになった自動ブレーキシステムなどといったアクティブセーフティではなく、事故が起こった時の安全を確保するためのパッシブセーフティとして取り入れられているものです。ボディの衝撃センサーからの信号によって、ステアリングホイールのセンターパッド内、助手席前面のダッシュボード内、ダッシュボードの足元、シートの左右、ピラーやサイドウィンドウの上部などにつけられている...

自動車保険の内容や条件を見ていると、「運転者限定」という言葉を目にすることがあります。運転者限定ですから運転者だけに適用されるものと理解することができますが、厳密にはどんなことを意味しているのでしょうか。いざ事故にあった時に慌てないように、運転者限定とは何なのかを確認しておくと良いでしょう。運転者限定とは一般的な自動車保険はどんな人が運転していても保障が受けられるという内容になっています。契約者は...

自動車保険の保険料は契約車両の種類によって割引されていきます。例えばエアーバッグがついている車両、横滑り防止装置がついている車両、盗難防止装置がついている車両などはそれぞれ数%保険料が下がります。そしてこれから新たに割引になるものがあります。それが自動ブレーキです。自動ブレーキとは最近テレビコマーシャルなどで盛んに宣伝されているのが自動ブレーキです。正式には衝突被害軽減ブレーキといい、自動車が障害...

自動車保険について詳しく知るためにノンフリート等級について知ることは欠かせません。ノンフリート等級によって自動車保険の保険料が変わるだけでなく、割引率も大きく変わるからです。これから自動車保険に入るという方も、継続して自動車保険に加入しているという方も、等級によってどのくらい保険料に差が出るのかを知っておく必要があるでしょう。等級による割引率の差ノンフリート等級は1等級から20等級まであり、それぞ...

自動車保険はいろいろな方法で保険料を下げることができます。契約者のステータスや契約車両の種類や装備などによって保険料は数%ずつ割引されていきます。そういった細かい割引を利用することによって毎年の負担を減らしていくことができるのです。その一つの方法が車の年間の走行距離を使って割引してもらうというものです。走行距離は保険料に大きくかかわる普段車を運転していてどのくらいの走行距離を走っているのかを意識す...

自動車保険の保険料は数万円から数十万円単位のお金がかかるので、少しでも安くしたいと思うことでしょう。特約をつけるかどうかを考えたり、走行距離がどのくらいなのかについて考えるのも大切ですが、もっと簡単に保険料を下げる方法があります。それが自動車保険の早割です。自動車保険の早割とは自動車保険は毎年更新されるものなので、毎年満期日になる前に更新手続きが必要になります。しかしもし別の自動車保険会社に乗り換...

自動車免許証にはグリーン・ブルー・ゴールドの3種類があります。自動車保険を契約する際には、この免許証の色で保険料に違いがあります。そして、保険の名義人である自分がブルー免許でも、同居している家族の誰かがゴールド免許を持っていれば、自動車保険のゴールド割引を受けることができます。今回はゴールド割引について説明します。

セカンドカーを購入し任意保険(自動車保険)に加入すると、「セカンドカー割引」を利用することで保険料が20〜30%安くなります。ただし、セカンドカー割引を利用するにあたっては、5つの適用条件をクリアする必要があります。ここではセカンドカー割引の適用条件について説明します。2台目の車を購入し、自動車保険のセカンドカー割引の適用を受けるためには、次の5つの条件を満たすことが必要です。1)1台目の車の保険...

自動車保険の保険料を決める要素は一つだけではなく、複数あります。運転歴や乗っている車種や年式、年間の走行距離など、さまざまな要素によって保険料は計算されます。運転免許を取得してからどのぐらいの期間が経過しているかという点もその一つなので、運転免許を取得したばかりの初心者ドライバーと、運転歴10年以上のベテランドライバーを比較すれば、ベテランドライバーの方が保険料は安くなるでしょう。保険料は、事故を...

自動車保険には、新車割引という割引制度があります。この割引制度はすべての保険会社で採用されているというわけではありませんが、新車を購入しようと考えている人なら、この割引を採用している保険会社を選べばお得になる可能性は高いでしょう。この割引は、保険開始の月が新車の初年度登録年月から25カ月以内の場合に適用することができます。つまり、工場から納品されたばかりのピカピカの新車ではなくても、初年度登録から...