自動車保険を知る記事一覧

自動車保険を契約する際には、告知をする必要があります。契約の際の基本として知っておく必要があります。告知とは契約する内容に関し、自らの所有する自動車についての情報や住所氏名、生年月日などの情報が事実と相違ないことを認めることを指します。保険契約において告知は重要な要素を占めています。仮に告知事項が事実と相違することが明らかになった場合は、告知義務違反となり保険会社が一方的に保険契約を解除することが...

自動車保険を契約する場合、適用範囲を知っておくのは大切です。自動車保険には普通自動車向けの保険以外にも、オートバイ向けの自動車保険など、自動車として定義される車両それぞれの保険商品が用意されています。ここでは普通自動車や軽自動車などの自家用自動車向けの自動車保険に絞って解説します。自家用自動車向け自動車保険は、適用範囲が自家用に定められています。営業用などの用途が自家用以外の場合は保証対象外となり...

自動車保険を契約する際には、契約の際のデメリットも知っておくようにしてください。自動車保険のデメリットの1つは、保険料が高額であることです。車両保険を付帯すると年間の保険料が二ケタ台になることもあり、毎月の出費の中に占める割合が高くなります。しかも自動車保険は掛け捨て型ですから、無事故の場合は保険料が帰ってくることはありません。高額な保険料が払えないために、自動車を手放す人もいますし、親の車を借り...

自動車保険をはじめとして、保険はすべて相互扶助の理念の上に成り立っています。相互扶助とは互いに助け合う精神から出た制度で、複数の人がお金を出し合い、大きな損害を皆で埋め合わせるというのが基本理念です。自動車保険の場合、多くの加入者が保険料を支払い、支払われた保険料をもとに、損害を受けた場合の保険金に充てられます。この仕組みを理解しておくと、自動車保険の等級制度の仕組みもわかります。自動車保険には1...

自動車保険の保険料はいくらくらいが妥当なのか、その目安が知りたいと思われるかもしれません。損保各社が販売する自動車保険はそれぞれに特徴があり、保険料も特約の付帯によって若干異なります。割引率については同じですが、車の車種や使用用途によっても保険料が変わってきます。ですからどれくらいの保険料が妥当なのかという質問の答えは、自分の判断次第ということになります。自分自身が保険料の見積もりを行ない、これな...

自動車保険には無事故期間に応じて割引率が上がる、ノンフリート等級制度が設定されています。ノンフリートとは10台未満までの契約のことを指し、個人向け自動車保険はノンフリート等級での契約が中心となっています。等級は1等級から20等級までがあり、割引率が最も高いのが20等級です。反対に1等級は割増率が最も高くなり、保険料も高額になります。新規での契約の場合は6等級からのスタートになります。これまでの等級...

自動車保険はリスク細分型と呼ばれる方式に従って保険料を決める流れが一般的になっています。テレビコマーシャルでもよく耳にするリスク細分型という言葉ですが、その意味を知っている人はそれほど多くは無いといえます。リスク細分型保険とは、自動車保険の記名被保険者の年齢、用途、限定条件などを細かく指定して保険料を決定する自動車保険のことを指します。この方式のメリットは保険料が一律だったこれまでの方式とは異なり...

自動車保険の契約方法に長期契約があります。通常自動車保険の保険期間は一年と定められていますが、数年間にわたり契約を行なうことができるのが長期契約です。自動車保険の長期契約には様々なメリットがありますし、疑問点も生じます。例えば長期にわたる契約は途中で見直しができなくなるのでは、とか車を買い替えたらどうなるのかといった疑問が生じるかもしれません。それぞれについて考えてみると、長期契約をするべきなのか...

代理店を介さずに自動車保険を契約できる方法があり、この販売方法を通販型自動車保険と呼んでいます。チューリッヒ保険やアクサダイレクトは通販型自動車保険として有名ですが、そのほかにもイーデザイン損保やソニー損保、そんぽ24なども通販型自動車保険として知られています。通販型自動車保険と他の自動車保険との大きな違いは、保険料が安いことです。従来の代理店方式に比べて割安な保険料が人気を呼んでおり、契約者を伸...

車を長く運転しないと、ペーパードライバーになってしまいます。もし自分がペーパードライバーになってしまったら、自動車保険に加入する価値はあるのかと思われるかもしれません。確かに家族が車を運転するため自分はほとんど車を運転する必要がない場合には、その必要性はないかもしれませんが、将来どのような変化があるかはだれもわかりませんから、ペーパードライバーだからと言って自動車保険に加入する必要がないと決めつけ...

自動車保険にはドライバー保険と呼ばれる保険商品があります。ドライバー保険とは自動車を持っていない人が他の人の車を借りて運転する際に自分の保険から補償することのできる自動車保険契約のことを指します。ドライバー保険に加入するメリットとして、借りる人の車にかけている自動車保険を利用せずに済むため、万一の事故の場合に借りた人の保険等級がダウンする心配がありません。つまり他の人に迷惑をかけずに自分の責任で補...

自動車保険を選ぼうと思っていろいろな広告やホームページを見ていると、「ロードサービス」という言葉をたびたび目にします。ロードサービスが無料というのは多くの自動車保険に含まれているので、あまり差がないように感じるかもしれません。しかしロードサービスと一言で言っても違いがあります。では自動車保険のロードサービスとはいったい何なのでしょうか。自動車のトラブルに早急に対応多くの場合ロードサービスとは、急な...

現在販売されているほとんどの自動車保険が、補償の一環としてロードサービスを提供しています。ロードサービスはこれまでJAFに依頼するのが一般的でしたが、保険会社やクレジットカード会社がサービスの一環としてロードサービスを提供したことから、ロードサービスを取り巻く環境が大きく変化しました。自動車保険に付帯しているロードサービスは果たして使えるのかと疑問を持つ人のために、利用するメリットをご紹介します。...

自動車保険を契約した後に、契約内容に納得ができずクーリングオフをしたいと思うことがあるかもしれません。クーリングオフとは訪問販売や電話での勧誘など商品購入後に契約を白紙に戻すことのできる制度のことで、クーリングオフを利用できる商品については契約時に必ず書面と口頭で説明することが義務付けられています。自動車保険についてもたとえば勧誘されて加入する場合がありますから、同じ制度が適用されると思う人も少な...

初めて自動車免許を取得するとグリーン免許が交付されます。グリーン免許は有効期間が3年でその後ブルー免許が交付されることになります。多くの自動車保険はリスク細分型を採用しているため、免許証の色に基づいて保険料が変わります。テレビコマーシャルでは免許証の色が青とゴールドで保険料が異なることが宣伝されているため、グリーン免許の場合は自動車保険に加入できないのではと思う方もいますが、免許証の色に関わらず自...

自動車保険の契約者向けに損害保険会社は様々な付帯サービスを用意しています。保険会社ごとにユニークなサービスを提供しているため、それぞれのサービスを比較して、保険選びの参考にすることもできます。例えば保険契約者向けに福利厚生サービスの無料利用権が付与されるケースがあります。全国のリゾート施設や宿泊施設の割引や優待利用、人間ドックや趣味を充実させる各種講座の割引などが受けられる場合もあり、利用価値が高...

私たちが契約している自動車保険はノンフリート契約と呼ばれています。ノンフリート契約とは自動車を保有する台数が10台未満の場合に契約する自動車保険のことを指していいます。10台を超える場合にはフリート契約となり、法人契約などがそれに当たります。ノンフリート契約では、複数台所有する人向けにノンフリート多数割引特約を設けています。この特約では複数台所有する人が自動車保険を契約する場合に、割安な保険料で2...

車を所有していない人が、友人から車を借りて運転する場合、気を付けたいのが自動車保険の免責範囲です。家族限定や年齢制限などの割引特約を付帯している場合、条件によっては補償の対象とならないケースがあります。仮に無保険状態で車を運転する場合、自賠責保険からの補償のみとなるため、万一の時に多大な負担を背負ってしまう可能性が生じます。できれば安心して車を借りて運転するためにも、保険の加入をおすすめします。た...

自動車保険は年末調整の際の控除対象とはなりません。年末調整の控除対象となるのは、生命保険、火災保険、地震保険のみです。生命保険料控除の対象となるのが死亡保険、年金保険、医療保険です。他の保険は控除の対象となっているため、自動車保険が保険料控除の対象とならないのはおかしいと思われる方も多くいます。サラリーマンの年末調整の保険料控除対象にはなりませんが、自営業者の場合はそうではありません。自営業者の場...

自動車保険の申し込みでよくある質問に、事故を起こしたら保険料はどうなるのかというものがあります。これまでは事故を起こした翌契約年度の保険料が三等級ダウンすることになっていました。しかし自動車保険料収入が減少し、補償支払い額が増加していることから収支を安定化し、公平性を保つために自己有係数と呼ばれる新しい等級制度が導入されました。自己有係数とは事故を起こさなかった場合よりも割引率が少なくなる等級制度...

自動車保険には等級のプロテクトという特約が存在します。しかし、2012年に自動車保険の制度が改正されてからは廃止されています。それまでは一部の保険会社がこの特約を取り扱っていました。2012年以降に新規契約する場合はプロテクトの特約を利用できませんが、それ以前から継続している場合は利用可能です。万が一の事故に対する備えとしては、非常に便利な特約の一つになっています。自動車保険は等級と呼ばれる制度が...

自動車保険には等級という仕組みが存在します。等級を持たない方は存在せず、自動車保険を契約している方は全てに当てはまります。自動車保険の等級は事故の有無によって上下し、保険料の金額に大きな影響を与えます。契約から1年間(満期日)ずっと無事故だった場合は等級が1つ上がり、逆に一度でも事故を起こしてしまうと一気に3つも下がってしまいます。等級が低いほど保険料の負担が増加し、逆に高ければ数割引にもなるので...

自動車の運転免許を取得して、これから初めて自動車保険に加入する人もいるでしょう。自動車保険の保障内容ですが、多岐にわたって複雑です。初めて加入する人にとっては、よくわからないと思うかもしれませんが、絶対に押さえておきたいポイントを紹介します。まず自動車保険の補償の柱になる、対人・対物賠償保険です。結論から言いますが、いずれも無制限で加入するのは基本中の基本です。対人は自分が起こした交通事故で被害者...

ノンフリート等級は、その方につけられた自動車保険上でのランクで、そのランクが高ければ高いほど事故を起こしにくい人といった見方がされます。ノンフリート等級は1等級から20等級まであり、3等級以下は保険料の割り増し、4等級以上は割引となり、等級が上がることでその割引率が高くなります。1等級で64%増し、20等級で最大63%割引となり、仮に年間の保険料が5万円だったとすると1等級の方は82000円、20...

自動車保険ではノンフリート等級という割引制度があります。この制度はスタートを6等級とし、1年間の契約期間中に損害保険会社から賠償金や保険金の支払いが行われなかった場合、要するに補償が必要な交通事故を起こしていなかったら1等級ランクアップし、逆に補償が必要な交通事故を起こした場合はその内容に合わせて最大3等級ほどランクダウンすることになっています。

自動車保険に加入するには氏名や住所、電話番号などの個人情報や車両の情報などを、申込書などに記入や入力をして申し込みを行うことになりますが、その中に職業という欄があります。サラリーマンとか自営業とかそういったことを書くことになりますが、もしその時に自分が無職であって、無職と記入したらどうなるのでしょうか。

道路交通法では所定の運転免許証を取得し、それを携行していなければ公道を走ってはいけないことになっています。しかし、世の中には違反の積み重ねで免許取り消しになっていたり、更新を忘れてしまったりといったことで無免許状態となり、そのまま堂々と運転している方が少なからずいます。無免許であるということはそもそも公道を走る権利がないわけですが、そういった方と事故を起こしてしまったら、あるいは自分で無免許状態で...

中古車を購入してうれしいのはわかりますが、その前にもう一つやっておかなければならないことがあります。それは自動車保険に加入することです。自動車に関わる損害保険は、通称「自賠責保険」に加入させられますが、それではほとんど役に立ちません。

ナンバープレートは公道を走るために用いられる車であれば、すべての車につけなければいけないものです。ナンバープレートの目的としては、どんな車なのかを明確にするとともに、所有者は誰か、税金は支払われているのかなどを確認しやすく、さらに盗難に遭ったときには探しやすくすることが挙げられます。ナンバープレートには地名の他に自動車の種類による分類番号、事業用判別文字、指定番号などいろいろな情報が書かれています...

自動車保険を申し込む時にはいくつかの書類に記入しなければなりません。その書類をよく見ると、そこには契約者と記名被保険者という欄があることに気づくでしょう。契約者と記名被保険者では何が違うのだろうかと思うかもしれませんが、この二つの違いを知っておくことはとても重要です。この二つはどのように違うのでしょうか。記名被保険者とは記名被保険者とは契約した車両をもっともよく使う人のことです。これは契約の際に必...

もし普通乗用車を持っているならば、自動車保険の保険料が車種によって変わるということを知っておく必要があります。軽自動車の場合にはどのような車種でも保険料が変わらないのですが、普通乗用車の場合にはそうではありません。では車種によって自動車保険の保険料はどのように変わるのでしょうか。型式別料率クラスとは何か普通乗用車の車種によって保険料が変わるのは、普通乗用車に型式別料率クラスというシステムが適用され...

中古車を購入した際にも当然ながら任意の自動車保険に加入することは重要です。新車か中古車にかかわりなく、自動車事故を起こしてしまえば相手への補償や賠償金などが発生するからです。自賠責保険もありますが、通常の自動車事故でさえギリギリカバーできるかどうかの保険ですから、万が一のことを考えると中古車であっても任意の自動車保険に加入しておくべきでしょう。中古車の自動車保険の注意点新車であっても中古車であって...

自動車は持っているものの、保険料がもったいないので自動車保険には入らないという方がいます。もちろん車検を通っている車であれば自賠責保険には入っているわけですが、多くの人はそれ以上の補償を受けるために任意の自動車保険に加入しています。ではこの任意の自動車保険に入らないことにはどんなデメリットがあるのでしょうか。自賠責は本当に基本的な補償のみ自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、車検を取っている車であれば必...

自動車の車内ではODOと表示されていることが多いオドメーターは、その車の走行距離を示しているメーターです。車種によっては2種類のメーター機能が装備されていて、自分でリセットできるボタンとできないボタンが搭載されていたりすることがありますが、1種類のODOしか表示されていない場合には、ドライバーがリセットしたり走行距離を編集することはできない仕組みとなっています。この走行距離は、自動車が製造されてか...

納税証明書は、毎年5月ぐらいになるとその車の所有者に対して送られてきます。普段は車検証などと一緒にして車内で保管しているという人が多いのではないでしょうか。この証明書は、以前では車検を通す時には提出が必要だった書類の一つなのですが、現在では陸運局がオンラインで納税状況をチェックできるため、提出は必要なくなりました。そのため、紛失したけれど困ることがないのでそのままにしているという人がいるかもしれま...

日本では18歳以上なら自動車の運転免許を取得することが可能です。20歳未満の18歳や19歳は未成年という扱いになりますが、高校を卒業した後に、通学や通勤などで自動車を毎日運転しなければいけない人は多いのではないでしょうか。しかし成人ではないという理由で、残念ながら自動車保険に申し込んでもすんなりと加入させてくれる保険会社は殆どありません。そんな時にはどうしたら良いのでしょうか?