自動車保険の支払い方記事一覧

自動車保険の支払い方法は年払いもしくは月払いが基本です。支払い方法が多様化し、これまでは銀行口座からの引き落としが一般的でしたが、クレジットカードでの支払いが可能になるなど、利便性がさらに増しています。もしかしたら自動車保険の支払い方法にボーナス払いも適用できないものかと考えている人もいるかもしれません。ボーナス払いにすれば、その時に保険料を一括で支払うことができるからです。もしボーナス払いが選べ...

自動車保険は車のローンのように分割して支払うことができないものかと考えるかもしれません。自動車保険は年齢によって保険料が異なりますが、年間で10万円を超える保険料になる場合も少なくないため、できれば月々の負担を軽減したいと考えるのはもっともなことです。自動車保険はローンで契約できるというわけではありませんが、それに似た方法で支払うことができます。そうすることで費用負担を軽減させることができます。自...

航空会社のマイレージに加入している人であれば、生活上の様々なシーンでマイルをためたいと思うことでしょう。マイレージサービスはかつてのように飛行機に搭乗した時にのみマイルが加算される方法から、買い物の購入費用などで獲得したポイントをマイルに変更して貯める方法へと貯め方が変化しています。できれば自動車保険でもマイレージが貯められないものかと思うかもしれませんが、今のところ保険会社が保険料に対してマイレ...

自動車保険の保険料は銀行引き落としにすることで、保険料の収め忘れを防ぐことができます。銀行引き落としにすることにより、給料が振り込まれる口座から引き落とすこともできますから、わざわざ振り込む必要もなく、振込手数料が発生することもありません。自動車保険の銀行引き落としを活用するには、契約時に口座振替の申し込みをする必要があります。ほとんどすべての銀行が利用できますので、地域によって利用できないという...

自動車保険の保険料は銀行口座からの引き落としが一般的ですが、クレジットカードでも支払うことができるものが増えてきました。クレジットカードで支払うことには自動車保険の契約者、損害保険会社双方にメリットがあります。損害保険会社にとってのメリットは毎月の保険料を確実に出納できることです。クレジットカードでの支払いはカード会社が一旦損害保険会社に保険料を立て替え払いするため、実際の債権者はカード会社になり...

サラリーマンの場合、年末調整をすることで収めた税金が還付されます。年末調整の際に、保険料控除を適用することで、還付額を増やすことができますが、自動車保険は年末調整の控除対象となるのか、という問い合わせをするケースが多く見られます。年末調整の場合、保険料控除という項目がありますから、損害保険の一つである自動車保険も対象になると思う人は少なくありません。しかし控除対象となる保険に自動車保険は含まれてい...

月払いの自動車保険を解約する際のメリットデメリットを知っておけば、乗り換えなどで解約する際に参考になります。月払いでの契約のメリットについてですが、一括払いでの解約の場合、すでに納付した保険料は月割りで返戻されることもありますが、返戻の際に一定の料率で手数料が差し引かれるため、返戻金が少なくなってしまうことが多くあります。しかし月払いの場合はその心配がないため、返戻金の額で損をしてしまうことはほ...

自動車保険には一括払いと分割払いがありますが、どこの損害保険会社でも両方使えるのかと言うと、そうではない場合もあります。代理店型の自動車保険の場合は、一括払い、分割払いの両方がほとんどのところで可能となっています。しかし、ダイレクト型の自動車保険の場合だと、一括払いだけというところが多くなっています。ただ、中には分割払いが可能なところ、クレジットカードを使用するという条件付きで分割払いできるように...

自動車保険の支払い方法にはいろいろな手段があります。主な方法としては、年間一括払い、半年払い、そして月払いがあります。それぞれにメリットデメリットがありますので、その違いを見て自分に都合の良い支払い方法を選ぶようにしましょう。年間払いにすると、一年間分の保険料をまとめて払わなければならなります。保険内容によってはそれなり高額になってしまいますので、負担が大きくなるでしょう。自動車保険は自動車を運転...

通常の自動車保険の保険期間は1年となっています。しかし、保険会社によっては長期契約を設けているところがあります。ここで言う長期とはほとんどの場合で、3年間となっています。すべての人にこの長期契約が提示されるわけではなく、ある程度の期間すでに自動車保険を利用している顧客が対象となることが多くなっています。自動車保険は、1年契約が良いのか長期契約が良いのかということになると、圧倒的に長期契約の方が有利...

自動車保険の保険料の支払いは1年分をまとめて払うのが一般的です。それまでの代理店型自動車保険では、代理店の担当員が取りに来たりすることが多かったのですが、通販型自動車保険が普及するのと共に保険料の支払い方にもいろいろなものが使われるようになりました。

自動車保険は、基本的に契約を済まし、保険料を払い込んで初めて効力を発揮します。従って基本は先払いとなりますので保険料の延滞というものはないことになるのですが、更新した時や分割払いを支払方法として選んだ場合には契約後でも延滞する可能性があります。

更新した時や分割払いで現金払いや銀行振込、銀行自動引き通しなどの支払い方法を取っている時についうっかり入金するのを忘れた、振込するのを忘れたということもあるでしょう。自動車保険は目に見えない効力というものがあって、それ自体は損害保険会社によって次週に操作することができます。ですので、お金を払い忘れてということだけですぐに自動車保険の効力をなくされてしまい、安心して運転することができなくなるのではな...

自動車保険に加入したならば、補償を受けるために保険料を支払わなければなりません。人によっては一括で保険料を支払いますが、多くの人は毎月決まった金額の保険料を分割で支払っていることでしょう。一括で保険料を支払ってしまえば問題はないのですが、分割で保険料を払っている場合はお金がなくて滞納してしまうということがあるかもしれません。自動車保険料を滞納してしまったらどうなるのでしょうか。自動車保険料を滞納は...