自動車保険選びの際に比較するポイント

自動車保険を選ぶ時にとにかく保険料の安いところを探すという方がかなり多いのですが、自動車保険は損害保険ですので、有事の時に効力を存分に発揮してこそ損害保険です。

 

ですので、保険料の安さだけでなく、補償能力や補償範囲もきちんと見極めてから決めていただきたいものです。

 

 

対人・対物はどこも同じ

自動車保険の肝となる部分である対人保険、対物保険ははっきり言ってどこも同じようなものです。

 

賠償金の限度額による違いはあるものの、補償範囲に関してはどこの損害保険会社も同じです。

 

ですので、対人・対物保険に関しては限度額を無制限にして、あとは保険料で比較すればいいでしょう。

 

車両保険はランク付けと対応で決める

車両保険は他の対人保険や対物保険のように判定が漠然としていません。

 

壊れた車を見て、どの部分が今回の案件で壊れたところなのか、いくらで直すことができるのかということを非常に細かく調べていきます。

 

そのため同じ損傷状態でもある損害保険会社では、修理費用として15万円しか出せないが、他のある損害保険会社では、25万円まで出してくれて、今回の案件とは関係なさそうでありそうなところまで含めた補償をしてくれるといったように、その案件の対応の違いが大きく出ることがあるようです。

 

とはいっても実際にそういった状況にならなければわからないものですが、その辺はインターネット上にある自動車保険の口コミサイトなどを参考するといいでしょう。

 

それから車両保険の保険料はその車の危険度、事故を起こす割合によって出されたランク付けによって大きく左右されます。

 

このランク付けというのはどの損害保険会社でも似たような判断をしていそうですが、細かく見ると損害保険会社ごとに違いがあります。

 

そこがポイントです。そのランク付けによって保険料が決まるわけですから、車両保険の保険料に関しては同じ補償範囲のもので見積もりを取って車両保険だけの保険料が安いところを選ぶといいでしょう。