離婚をしたら自動車保険も別々になる

離婚

最近はできちゃった結婚が増えたことによって離婚率がぐっと上がってしまいましたが、それまで夫婦の車として乗っていた車に掛けていた自動車保険は、離婚したことによってどう変わってしまうのでしょうか。

 

離婚は名実ともに他人になる事

離婚をするということはそれまで夫と妻だったのが赤の他人なるということです。

 

自動車保険は主たる契約者と自動車の組み合わせが変わらない限り、基本は何も変わらず、例えば夫名義になっていた自動車保険が離婚したからといって何か手続きが必要になるというものではありません。

 

しかし、その自動車を元妻側に引き渡したといった場合は、自動車保険の契約者を元妻に変更しなければならない、自動車の名義のみならず自動車保険の名義も変更しなければなりません。

 

ただ、ここでは自動車保険の名義変更という言葉は正しくなく、元夫は解約、元妻は新規加入という手段をとることになります。

 

それもそのはずで、他人へ名義変更するということはないからです。

 

ですので、元夫が今まで作り上げてきたノンフリート等級は一切関係なく、元妻は6等級から始めることになります。

 

ノンフリート等級を引き継ぐ秘策

離婚後、自動車保険の名義変更が不可能なこと、要するにノンフリート等級を引き継げない理由は、その引継ぎに条件があり、それに適合していないからです。

 

ノンフリート等級の引継ぎが可能なのは個人レベルというと、配偶者間と同居家族間だけとなります。

 

離婚してしまえば実生活がどうであれ、元妻は元夫の家族ではありませんし、配偶者でもありません。

 

だから引き継げないのです。

 

ならば、まだまだ配偶者だった時点で自動車保険の契約者の変更手続きと共のノンフリート等級に引き継ぎを行ってから、離婚届を出せばいいということになります。

 

限定割引に注意

仮に元夫の車に時々元妻が乗るといったことになった場合、気を付けていだたきたいのが限定割引です。配偶者限定割引、家族限定割引を受けている場合、離婚した元妻が運転して事故を起こしても補償は一切されません。

 

離婚して配偶者でもないですし、家族でもないのですから至極当たり前のことです。